一人暮らし手取り20万で家賃はいくらまでなら払える?

お金

一人暮らしを始めると何かと生活費がかかります。

そんな中、毎月の手取りが20万円の場合,

家賃はいくらまでなら払えるのか考えて見ました。

家賃の目安は手取額の3分の1

一般的に家賃は手取額の3分の1と言われてます。

じゃあ手取りが20万円だとしたら、家賃は単純計算して6万7千円弱と言うことになります。

家賃を6万7千円弱とした場合、残った額で生活出来るのか考えないといけません。

そこで、生活費にはどれくらいかかるのかを計算して見ましょう。

一人暮らしでかかる生活費

・食費   4万円
・光熱費  1万円
・通信費   1万円
・日用品費  5000
・交際費   15000
・趣味娯楽費 1万円
・被服費   1万円
・医療費   5000
・保険代   5000
・貯蓄    2万円

合計 13万円で家賃6万7千円を足しても 19万7千円で手取り20万で収まります。

ただ最後の項目の貯蓄は絶対ではありません、

が貯蓄というのはいざというときの蓄えであればあるだけ助かります。

一人暮らしの場合、手取りの1割を目標にして貯金をすると良いと言われています

ですから毎月20万円の手取りがあるからといってギリギリまで使うのではなく、

少しでも貯蓄に回せるようにしましょう。

保険代はどうなのって思うかも知れませんが、終身保険や医療保険はかけておいたほうが安心です、

ですがそんなには出せませんので、独身の一人暮らしは5000円ぐらいが妥当です。

ここで一番オーバーしやすいのが交際費趣味娯楽費被服費の3つです。

毎月これだけと決めておいても、ついつい使いがちになります。使いすぎないように心がけましょう。

 

そこで見直せる物を見直して、安くあげられる物は安く済ますと言う方法があります。

 

家賃を抑える部屋の選び方

やはりそんな中、実際は毎月の生活費がキツイということで、

ほとんどの人が家賃をかなり抑えているみたいです。

毎月の固定の家賃を抑えておかないと、一人暮らし自体が困難になってしまいます。

住む地域によって家賃の相場は違います。

東京でも中心部を避けると家賃は下がります。

立地やその他部屋にこだわらず、家賃の安さを重視するのであれば

手取りの4分の1ほどの家賃5万円を目安にすると良いです。

家賃を5万で抑えられたら、生活はかなり楽になります。

家賃はあくまでも管理費・共益費を含めた額で計算しましょう。

家賃の安い地域や路線が単線の駅がおすすめです。

他には築年数がやや古いワンルームや1Kのお部屋、バス・トイレが一緒などです。

あと大きい大学のある街や駅から多少離れてる物件などです。

駅から離れている分歩かないといけないですが、

健康的だしダイエットにもなると思えばそんなに悪いもんでもないですよね。

 

都市ガスの部屋を選ぶ

プロパンガスではなく、都市ガスの部屋を選びましょう。

都市ガスは公共料金で、金額が一定で、急な値上がりはありません。

 

コスパの良い食材で自炊をする

自炊に手作り弁当で3万円ほどに抑えられると思います。

コスパの良い食材で自炊をすれば食費は安く抑えられます。

もやし、納豆、豆腐など・・・いろいろな食材があります。

ただ抑えさえすぎて栄養不足にならないように注意が必要です。

 

エアコンの温度を一定に保つ

エアコンは設定温度を1度変えると、13%も電力の消費量が変わるので

なるべく長時間、同じ温度設定にしましょう

エアコンの温度設定を夏は27度、冬は20度にするだけで、月に1200円ぐらい電気代を節約できます。

 

格安SIMのスマホに変更する

大手携帯会社だと利用料は6,000円以上ですが、格安SIMは3,000円前後まで下げられます。

携帯会社にこだわりがある人は、スマホの契約を見直して1,000~2,000は節約しましょう。

 

もちろん逆に生活費は10万円ぐらいに抑えられるから家賃は高くても、

キレイなマンションに住みたいとかあるのであれば、

7万5千円ぐらいまで家賃を上げてもいいと思います。

その場合生活費は

・食費   3万円
・光熱費  1万円
・通信費   1万円
・日用品費  5000
・交際費   1万円
・趣味娯楽費 1万円
・被服費   1万円
・医療費   5000
・保険代   5000
・貯蓄    2万円

このようになります。






一人暮らし手取り20万で家賃はいくらまでなら払える? まとめ

築年数や外観など気にしてそのために収入につり合わない家を借りてしまうと、後が苦しくなります。

部屋の中が多少古くてもインテリアなどで可愛くは出来ます。

まずは生活費を計算してそれを手取額から引き、残った額で家賃を考えるのが一番いいと思います。

住む地域によって家賃の相場は違います。東京でも中心部を避けると家賃は下がります。

あと駅から少し離れると家賃は下がります。

一般的な家賃相場は手取りの3分の1といわれていますが、

自分の生活状況に合わせて、無理のない範囲で借りられる物件を見つけましょう。

住めば都ですよ!

本格的に一人暮らしのために必要な手続き一覧!!
本格的に一人暮らしのために必要な手続き一覧!!一人暮らしの場所も決まり、引っ越しの段取りも済ませ、これから一人暮らし生活が待っています。どんな一人暮らしライフになるのか楽しみですね。しかし!忘れてはならない、引っ越しをする際の手続き達…。手続きが意外と最初はめんどくさいところです。 ...